夢を叶える手帳の使い方

はじめに

みなさんこんちには、突然ですが皆さんは手帳を使っていますか?

私もビジネスの世界にいるので手帳はお気に入りのものを何年も使っています。私は2018年12月に勤めていた会社を辞めて2019年1月から起業をしました。

不安でいっぱいでしたが、手帳の使い方を知り今では充実した毎日を送っています。手帳の使い方とは、予定を書き込んで行動をマネジメントするという使い方とは少し違います。

手帳を使う目的が、スケジュールを管理するではなく、目標や夢を叶えるためのツールとして使うようになり自分に変化が生まれたと思います。ちなみに私の夢の一つは息子をレーシングドライバーになってスーパーGTで活躍して欲しいという夢があります。それを叶えるために仕事があるという位置づけでいます。その考え方の下で行動をすると目覚ましい結果が生まれます。

この手帳の使い方を私はたくさん広めて、皆さんの目標や夢の後押しができればと考えています。

例えば、これから起業する自分に、例えば会社で働くスタッフの自己実現を叶える企業の価値として、例えば叶えたいことがある、目標を持っているという人へ、私の手帳術を知っていただき実践いただければと思っています。

手帳を作らないというのは夢をあきらめるという事。今から自分に向き合って目標や夢を達成していきましょう!

手帳の使い方3ステップ

目標や夢を達成する手帳とはどんな手帳なのか?手帳の使い方で解説していきましょう

step1 : 目標や夢を視覚化する

まずは夢を可視化することが重要です。可視化は例えば絵や写真を貼ってなりたい姿をイメージしたり、憧れの人などの写真を貼ってみたりという具合で、イメージを作るという事です。そのイメージに目標や夢を書き加えるという感じです。「家族で海外旅行に行く!」「5㎏のダイエットを成功させる!」「大会で優勝する」など大きな目標でも小さな目標でも全然かまいません。

今年の暮れに自分がどうなっていたいのかをビジュアルに言葉を付け加えて作ってみましょう!

やったらダメなことは「多分できないだろうから目標を下げよう」とか「書かないでおこう」です。これをやってはダメです。できたかできてないかは1年後にならないとわからないので、スタートの時点で自分を小さくすることはタブーです!

STEP2 : 目標や夢に対してのやることを明確にする

目標を視覚化できたら次にやることは、それを達成するために具体的に何をするかを文章で記入します。自分が立てた目標に対して達成しようと方法を考えるから、より成功へ近づくわけです。思いつくことならなんでもOKです。

ちなみに私は売上1000万円をウェブマーケティングで達成したいという目標に対して、具体的に何をするかというと「身の回りの掃除を徹底する」と年始に記入しました(笑)。でも今思えばそれでよかったとも思っています。効果があったんで!その時はそんなことぐらいしか思いつかなくてもとりあえず書きます。途中で「あっ、これも書いといたほうがいい」と思うなら書き足せばいいだけですしね!

STEP3 : 1日1回手帳を見る

手帳がイメージで未来を描けて、それに近づくために何をするかを書けたら次にすることは、1日1回手帳を見るという事です。。

さっきから絵を切ったりはったり、何をするかを書いて、それを1日1回見るって、そんなんで目標達成できるの?夢はかなうの?と思った人、大丈夫です、できます!

ちなみに1日1回手帳を見るってかなり難しいと思いますよ。私も1日1回見れてたかと言えば見れてないですよ(笑)

ただ作って放ったらかしにはしていません。朝起きて自分が作った目標や夢を眺めることもあれば、電車の移動中で眺めることもあります。定期的にみるという事ができれば大丈夫ですよ。

何故手帳で夢が叶うのか

ただ単に手帳を使っているだけでは目標や夢を達成することはできません。なぜ目標や夢を達成することができるのかポイントを挙げてみます。

初心を思い出す

年初に作った自分の目標が手帳に残ることで時間が経っても忘れずに思い出したり、覚えておくことができます。1年という時間があれば気持ちの変化や、考えの迷いなどは必ず生まれると思います。そんな時も前向きな希望いっぱいで作った自分の目標を見れば、逆境を跳ね返すパワーをもらえて、自分の目指す方向性を改めて確認できます。

現在の自分を振り返ることができる

前述と重複するかもしれませんが、当初の確認と同じく「省みる」という作業にも効果的です。目標や夢を達成するためになりたい自分のイメージを作りました。そしてそれを実行するために具体的にどう行動するかを明確にしました。現在の自分は具体的な行動に対してどこまでできているのか?できていないならば「これからこうしていこう」という道筋を改めて立てることもできますし、もしくは達成しているものがあれば、「良くやったな」と自己肯定ができます。

すこしハードルの高い目標を持ち、それをクリアするための1つ1つの工程を実行していくことはとても凄いことです。ポイントは誰でもできることをやったから良かったではなく、自分ができそうかな?と思うことに挑戦したということがポイントです。

自分で自分を評価する

人は誰かに褒められたり、認められたりすると喜びを感じるものです。でも日頃の生活でいつもそれを味わうことは難しいのではないでしょうか?どちらかと言えば怒られることでストレスが溜まったり、楽しいことがなくてイラついたりというシーンの方が多いかもしれませんね。目標と夢を達成する手帳を使えばそんな感情とも疎遠になっていくでしょう。

この手帳は自分が自分に対して立てた目標や夢、それを実現する行動を約束したエビデンス(証拠)です。だから自分のなりたいもの、やりたいことに対して評価できるのは「他人」ではなく「自分」になります。

自分がやっていることに対してOKを出せるなら、他人の評価やつまらないことがどうでもよくなってきます。なぜなら自分が近づきたいものに近づけていたら、それを否定する理由がないからですね。近づいていなければ自分で自分に叱咤激励しましょう。人に言われるよりその方がいいですよね。

目標や夢を叶える手帳を使った結果

さて私自身は、この目標と夢を叶える手帳を使い始めたのは2018年の10月からです。もともとは3KM手帳という手帳に当時勤めていた会社の代表に教えてもらい知りました。そしてたくさんの本を読み、何といいますか生き方?考え方?みたいなものをじっくり考えた訳です。手帳を使い始め普段過ごす上で何が大事か?ということが手帳に教えられた気がします。具体的に言うと「家族を支える為、仕事を頑張らなけれればならない」とか「やりたいことや欲しいものがあるからお金が欲しい」という感覚が、今は「好きややりたいを追求すれば勝手について来る」という感覚に変わっています。この記事を書いているのが2019年10月です。残り2か月を前にして、手帳に書き込んで達成できた事例を紹介します。

木工売上昨対達成完了!150万円までもう少し!

私の息子2人はレーシングカートをやっています。レーシングカートは通常のスポーツよりお金がかかるのは事実です。実際会社の給料だけで生活と共にやっていくのはシビアだと思います。そこで私はULTIMO HANDMADE MARKETと称して木工作品を作り、インターネットで販売することを実践しました。プラレール棚収納の専門店として1年間で949,133円の売上を作りました。そして2019年は手帳を見ると「売上200万円」と書いてます。今が2019年10月なのですが現時点の売上が1,056,139円で前年の売上を達成しています!

正直、今年初めに「年間で100万円は1年目はまぐれで、きついんじゃないの?」と思っていまして、でも手帳にはとりあえず書いておこうと200万円と書いたわけですが、今の心境は「200万円は難しいかもしれない。でも去年の自分を超えたし、足らない分はまた来年挑戦したい」と非常に前向きです。こういう気持ちになれるのがこの手帳の真骨頂ではないでしょうか。

1年のうちでレーシングカートを2台手に入れることができた!

長男用に1台中古で購入したレーシングカートですが、木工で作ったお金で頑張って手に入れることができました。しかし「次男のカートはさすがに無理だ・・」年始はそんな気分でした。しかし手帳に「長男SLチャンピオン&全国大会出場、次男ビギナークラスで優勝」と書いてあります。本当に希望のレベルの目標ですよ(笑)。

しかし今現在はどうかというと、長男のカートに加え、次男のカートも手に入り、さらに長男のステップアップした時の大きなクラスのカートまで揃えることができました。こればかりは自分でも謎です(笑)。こんなにうまくいくものかと・・次男がレースに出場するために、手帳に書いた具体的な行動は「誰かのカートを借りる」ですよ。書いた自分に「どんだけ他力本願やねん!」と突っ込んでいましたが、買える自信もなかったのでそう書きましたが、今振り返ると信じられないという気分でいっぱいです。

これもその目標を忘れず、手帳を見て意識しているから、そうした「力」がこの現状を惹きつけてくれたものだと思っています。

目標や夢を叶える手帳の作り方をお教えします

今まで私自身の目標や夢を叶える手帳の例も踏まえてご紹介してきました。来年に向けてまた手帳を作って頑張りたいという意識も強いです。それと同時に、自分が体験したことを、できればこれから目標や夢を達成したいと思っておられる方にも伝えることができればとも思っています。誰かにやらされるではなく、自分でやるという方へ手帳のコンサルティングをしようと思いました。ぜひご利用いただき、これからの新しい自分と出会ってみませんか?

こんなシーンでお役立ていただけます

★自分の目標や夢の実現のために

★家族の目標や夢の実現のために

★会社や店舗など、スタッフのモチベーションを上げるために

自己紹介

クラウドリンクス代表

音速のマーケター 上田靖則

大学卒業後、航空自衛隊に入隊しました。自分の実力を試したく、その後貿易、商社、出版社、WEBマーケティング会社にて営業職に従事。

2019年より起業し、主にWEBマーケティングでホームページの制作やインターネット広告の運用により集客の課題を解決するほか、コンサルティング、セミナー活動を積極的に行っています。

さらにプラレール収納棚の専門店としてULTIMO HANDMADE MARKETの木工作家として活動中。

夢は息子をスーパーGTのレーサーにすることと、夢や希望を与えられる人間になること。


目標や夢を叶える手帳の使い方コンサルティングの料金

10000円/人

※手帳のイメージの具現化と計画の作り方を教えします。

※作り方を忘れないようにスライドのデータもプレゼントいたします。

※手帳は自分のお好きなものをご用意いただければOKです。(私はNOLTYのバーチカルタイプを毎年使っています)

※より詳しい実例もご紹介します。

※セミナーのご要望や企業様の福利厚生での講演も承りますのでお気軽にお問合わせ下さい。

※上記料金はお一人様あたりの料金で税込みの価格となります。

よくあるご質問

・毎日見なければだめですか?

 基本的には毎日見たほうがいいですね。でも忙しかったり、見れない理由があるときは仕方がないと思います。毎日見るという行為が苦痛になるなら定期的にという感じで手帳を見るようにするといいですよ。

 

・3日坊主になりそうな気がします

 3日坊主になるということは目標や夢に対して3日坊主になるということです。せっかく崇高な目標や夢を立てられたなら達成しようじゃありませんか?未来がどうなるかはその時にしかわからないので、プラスに働くように普段からちょっとずつやればいいだけなので、簡単に考えましょう!

 

・本当に目標や夢を手帳で叶えることができるんですか?

私はできると信じています。できない理由があるとすれば、それは「やらされてる」「興味がない」という部分が原因になると思います。

ご相談フォーム

メモ: * は入力必須項目です